最近レコード屋に行って何枚か購入した。そのうちの一枚が↓

 

   f:id:kogisu:20150723010804j:plain

 

『スーパーレコードゲーム ルネ・ヴァンダールの星占い/愛の予感』というLP盤だ。占いには特に関心はないが、「スーパーレコードゲーム」というものに少し惹かれて買った。

上の写真だと見えにくいが、帯には「スーパーレコードゲームとは…アメリカ・カナダ・イギリス・ノルウェー等で発売されるやいなや爆発的人気を呼び、遂に日本に上陸した画期的ゲームレコードです」とある。

説明書きのところには、「本来最外周に一ヶ所しかない導入部が数多くあり、それぞれの溝が内周に向かって並列して刻まれています」ともある。つまりこのレコードは盤面に複数の溝が刻まれていて、針がどの溝に落ちるかによって異なる再生結果が得られる。その偶然さを利用して占いをする。「あなたが針をおいたその瞬間 あなたの愛と未来が決まります」、と。

実際に再生してみたところ、確かに再生するごとに別の占い結果が出てきた(いくつぐらいの結果があるのかは知らない)。

私は実際に手にとって聞いてみたのは初めてだが、レコードによるゲームは占いの他にも競馬や野球などが発売されていたらしい(ウィキペディアの「レコード」の項目にも説明が書いてある)。また、この占いレコードはCBSソニーだが、他の会社からも似たようなゲームレコードは発売されていたそうだ。

このゲームレコードは、LPレコードにおいて色々な試み、色々な楽しみ方があったという一つの例か。競馬、野球、占い、いずれにせよわざわざ高級オーディオなんかでじっくり聴くというのとは違うモードだろう。

詳しそうな人にでも色々聞いてみよう。

ちなみにルネ・ヴァン・ダールというのはルネ・ヴァン・ダール・ワタナベという占い師の事だろうか。『りぼん』や『non-no』の占いコーナーを担当してきたそうな。

他にもいくつかレコードを買ったが、そちらは後ほど別の記事として書く。